■ ジャンクドリルのチャックを転利用・・・下準備編。

ドリル・ドリルドライバーのチャック取り付け軸のネジは特殊で、チャックだけをツールや治具に転利用しようにもそのままでは使いにくい。
そこで、これを(無理刳り)一般的なM10-P1.5のネジに切り直し、汎用的に使いやすよう下準備する。

廃棄したドリル・ドリルドライバーから取り外したチャック・・・の一部。
→”★ ドリルチャックの外し方・・・・
この他に、キーレスタイプやビット挿し型などのチャックも何個かあり、チャックが付いたままのジャンクドリルもあちこちに何丁か...。

最初、直にタップを立て始めたのだが、流石にキツキツ過ぎて上手く切り込んでいかなかった。

そこで、掛りが緩くなるけれどボール盤でΦ9mmまでさらったらクイクイ切れた。

M10のタップが2番くらいのスパイラルしか見当たらなかったので、深さ15mm・有効10mm程しかネジが切れなかった。3番タップが出てくれば、もう少し深く切れるだろう。

右手が元軸で、取り付けネジは”3/8-24 UNF(ユニファイ 細目)”。この規格のネジもモノタロウなどで入手できるが、ユニクロの50mm程度でも1本¥300~するので、遊び工作にはそうそう気楽に使えない。

掛りが10mm程とはいえM10ボルトなので、締め付ければそこそこの作業荷重には耐えられるだろう。

こんな適当加工では当然センターは出ていないので回転するツール・治具などには使えないが、チャック自体を何か・何処かに固定する工作は簡単に出来るようになった。

「■ ジャンクドリルのチャックを転利用・・・下準備編。」への4件のフィードバック

  1. 修理おじさんさま

    お見知り頂けておりましたとは光栄です。

    ご存知のよう、M10-P1.5はディスクグラインダー(ベビーサンダー)の軸ネジ・ピッチですので、上手く作れればアングルドリルが量産できますね(回転数抑制は必須ですが)。
    この失敗作(?)は、ハンドル付けてタップ掴み(ハンドル)かセンター穴あけ治具に使おうと思っています。

    今後ともお気づきの事などございましたら、ご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い致します。

    鍛冶屋_^^)_

  2. いつも ご訪問していただきまして ありがとうございます。
    訪問履歴で、存じ上げておりましたです。
    こちらこそ よろしく お願いいたします。

    これ、私も やって見ます。
    研磨バフとか、簡単な研磨作業ならば、多少の芯ブレは許容範囲かなと思います
    この記事を読まれて、これからは多くの方が実践することでしょうね!

    ちょっと構えた→ここが、皆さん躊躇するところで、これからは安心して加工作業が出来ます。
    もし強烈に 嚼み込んだら と 二の足を踏んでいた方も多いことと思います。

    そのうちブログの、あちこちに製作記事が、出てきますよ きっと!!

    チャック自身の精度も、ピンキリの製品があります、
    精度不合格チャックを取り付けたブランド名無し激安ドリルも数多く市販されています。

  3. はじめまして 修理おじさんさま。
    コメントを頂き、ありがとうございます。
    御ブログ、いつも大変興味深く拝見させていただいております。

    材質はクロモリだと思うのですが(45Cかも)、調質のみで焼きは入っていないようです。Φ9mmでさらえる時はちょっと構えたのですが、結構簡単にさくさく切れました。

    >横回転の卓上チャック機器は、ほとんど無いですから!
    ホントは、Φ10(M10) の軸付きとなれば、横向き手回しボール・タップ盤、モーターを付けてロクロ・簡易旋盤・・・っと続くはずだったのですが、芯がブレブレでこのままでは使えそうもありません。

    一応、最初の何山かはボール盤を使ってタップを切り込ませたんですが、そもそもチャックの精度も怪しいですし、またウチのボール盤はブレが大きいしで、センターが上手く出ませんでした。使えるようにするには、何かもう一策練る必要がありそうです。

    御ブログはコメントを許可されて居られないので残念ですが、毎記事ごとにそのワザと工作アイデアに敬服しております。
    これを機に、お見知り頂けましたら幸いです。

    鍛冶屋 /^^)

  4. はじめまして

    すごく参考になりました。
    チャックは材質が固くて、タップが切れないと思い込んでいたのが、
    ビックリ 切れるのですね!!!!!
    これなら、余った軸ネジ式モーターにチャックが直付け出来ますよね
    便利な電動式の小道具が、いっぱい作れちゃいます
    横回転の卓上チャック機器は、ほとんど無いですから!

コメントは受け付けていません。