◇ SSBRE RED Pepper Spray

フォト
俗に言う"催涙スプレー"です。当時は携帯用と寝室用を用意していました。
  催涙スプレーには、このOCガス(唐辛子が主成分)とCNガス(化学合成成分?)が
  あるそうで、前にCNガスのスプレーは自分に試した事がありますが、OCガスの
  方は未経験です^^;)。OCガスは熊などにも有効らしいのですが、噴射距離3~4m
  では・・・、とても太刀打ちできそうもありません。

◇ 炊飯用鍋

フォト
"IMUSA Cast Aluminum Caldero"
アルミ鋳物製でちょっと厚手のお鍋です。”IMUSA”ブランドは、北米等では安い調理器具として結構流通しているようですが、日本では見た事ありませんねぇ…(できれば、この鍋の予備が欲しいのですが)。
南米時代(1999年~)、自炊をはじめるにあたりご飯を炊く為の鍋を探してこれを買いました。確か$10程(小さい鍋として結構高値)だったと思いますが、荒物屋のおばちゃんに"これはコロンビア製だから品質が良いよ"っと勧められたのを覚えています。

フォト
"'98.3"っとあるのが製造年月でしょうか。彼の地で売っていた鍋はどれも安価な薄い鋼板プレス物で、厚手の小さい鍋がなくて結構探しました。

なにせ苦楽を共にした友!ですゆえ、帰国の際にザックに入れて持って帰って来ました・・・使い込んだ小汚いこの鍋を^^;)。成田では、荷物の開封検査されなかった(9.11直前で、まだ成田もフリーパス状態だった)から良かったものの、もしザックを開けられてたらちょっと変なヤツと思われていたかも知れません。

フォト
帰国して10年以上経ちますが、いまも毎日この鍋で、ご飯を美味しく炊いています^^)。

◇ キーホルダー型 レーザーポインター

フォト
今はもう、一般的にはあまり売られていない(はずの)、ミニレーザーポインター。
  このタイプは、出力 <5mW(クラス2以上) ボタン電池駆動ですから、2001年以降
  は消費生活用製品安全法改正で製造販売できないはずなのですが、今でも時々
  売っているのを見かけます^^;)。まぁ、AC電源駆動や電池ボックスを外部に持つ
  タイプ(Gun用のレーザーサイト等)、部品での販売は規制の対象外・・・っと言う、
  所詮はザル法ですからね。

フォト
  自分は、99年にフリーマーケットで知り合った方のお店の在庫整理品と言う事で、
  50個くらい・・・まとめて買いました。長期在庫品だったそうなので動作の保証はない
  と言われ、やはり相当数はレーザーが出ませんでした。その後、欲しいと言う
  仲間内にかなり配りましたが、まだこれだけ残ってます(殆どは <1mwのですが ^^)。

週間予報では、週明けからはやっと春めいた日よりになる気配とか。
ではでは、皆々様 来週もよろしくお願い致します/^^)。

◇ タジン鍋

◇ ・・・逸品< フォト
  流行りモノですねぇ。前から興味があったので安く出てた小さめのをひとつ
  買って見たのですが、これがとっても優れモノでした。
  下は鋳鉄の鉄板でフタ(?)は陶製。鉄板に薄く油を引いて、お肉やザク切りの
  野菜を入れ調味料を振り(適当1)、あとはこのまま火に掛ける。シューシュー
  言って来てから4~5分(適当2)そのまま、火を止めて5分程(適当3)蒸らして
  出来上がり。鉄板のままテーブルに持って行けば、皿も要らすで便利々々^^)。

◇ うちにある変なモノ(?)・・・"Chrony弾速計" 其ノ弐


実測編。
上面にセンサーがあり、その上を通過させるように撃ちます。
本来はセンサー上にシェードが付いていますが欠品でした^^;)。
でも、直射日光が当たらない様にすれば何とか計測できます。
今回はGun具と計測器の間は50cmほどで、ちょうどカメラの上
から撃っています。

↑使用Gun具=マルイ南部14年式↓(エアコキ) 0.2g弾 平均61.0m/s 0.37J
複数発計測した場合、最低→最高→平均の値を呼び出せます。

フォト
マルイのエアコキ14年式。
割り箸マガジンだし素材のプラも安っぽく出来はイマイチです。
設計が古いからか、これがハズレ個体だったのか、初速も安定
せずまた全然当たりません。
でも、よく言われるよう14年式は構えが決まるとても撃ち易い
鉄砲ですね。いつか実銃を撃ってみたいもんですなぁ・・・。

---------------

↑使用Gun具=アカデミー SIG-P230(エアコキ) 0.2g弾 平均38.05m/s 0.145J
2発目がセンサー上を通過しなかったようで計測できていません。

アカデミーのエアコキは初速が安定しいて良く当たります。
特にP-230とM1910は造詣も良く、お値段以上の価値があります。

---------------

↑使用Gun具=MGC M92F(ガスガン) 0.2g弾 約69.3m/s 0.48J
2発目がエラーになりました。
シェードがないせいか(?)時々エラーが出ますが、まぁお遊び
に使う程度ですから無問題です^^)。

ガスガンは流石にパワーを感じます。
昔売っちゃったデジコンもあれば測って遊べたのに_ _)。

◇ うちにある変なモノ(?)・・・精密電子秤


0.01g単位まで計れる電子秤、これまた格安だったんで
つい買っちゃいました^^;)。

公称0.3gのBB弾を量って見ました。
息を吹き掛けたり、手を近付けただけで値が変わります。
5個ほど量って見ましたが、計測値は0.29~0.31gの間で、
おもったよりBB弾て高精度なんでした。

◇ うちにある変なモノ(?)・・・"Chrony弾速計"



ジャンクっと言うことで格安で落札・・・多少エラー表示が多いよう
にも思いますが、しかしご覧の様に問題なく使えています。
出品者さんは使い方をよくご存じ無かった?のかも知れません。
この機械は蛍光灯の光ではダメで、薄暗めの電球光下の方が反応
が良い様に思います。また野外でもセンサー上を何かで覆って、
少し日陰にしてあげると上手く計測できました。

↓のマルイの"H&K USP"を計って見ました。
0.3g弾を使用 初速は 51.5m/s でした。
ジュール計算すると・・・51.5(m/s)x51.5(m/s)x0.3(g)÷2000≒0.4J
むかし持っていた(2006年改正銃刀法施行はるか前に売却)
"デジコンM92F ロングバレル(改)"は確か 2.0J位は出ると言って
いたので、5倍のパワーがあったのか・・・確かに飛びは凄かった^^;)。

同じくアカデミーの"Colt Pocket 25"では・・・
0.2g弾を使用 初速は 42.2m/s でしたので、↑から≒0.18J でした。

◇ 変な時計・・・"手巻き目覚まし(?)付 腕時計"

"CITIZEN Alarm Date"っと言うそうな、昭和30年台後半のモノらしい。
アラームなどと洒落た言い方が似合わない、鈴虫の羽音のような"ジジジィ・・"っと
鳴く。最後が力尽きて尻ツボミになる所もまたカワイイ。

◇ 変なバイク・・・"ホンダ モコンポ"


ガレージのヌシと化してるモトコンポ。
20年ほど前、近くの側溝に捨てられてる(?)のを発見して引き上げて来て、解体屋で見付けたのとフレームやエンジンをスワップして1台に組んだ。外装は缶スプレーで自家塗装、シートのアンコと皮は当時乗っていたVT-250のシートから自作、エンジンがハミングG用だからか減速比があっていないのだろ・・・ともかく加速が悪い。
田舎に居た頃は買い物に使っていたが、これで走ってるとなぜか子供にやたら受ける。でもこの性能じゃ危なくて今の街中では乗れない。

変な形のバッテリーはもうとっくにダメになってるし、モトコ持病のメーターワイヤーも切れてる。タイヤもヒビヒビやけど、6インチのスクータータイヤなんて手に入るのかな?。

6年位前オークション出したがキャンセルされた。また出して見ようかな ^^)。